FXってそもそもなに?

CCライセンス 表示
Seventeen Fifties by The.Comedian

FX(Foreign Exchange)とは、「外国為替証拠金取引」のこと。 ドルやユーロといった外国通貨(これを為替と呼ぶ)を交換・売買し、その差益を目的とした金融商品です。

たとえば、為替レートが【1ドル=100円】の日に100円で1ドルを買ったとします。 次の日になって、為替レートが【1ドル=110円】になった場合、「10円の利益が発生した」ことになります。 逆に、為替レートが【1ドル=90円】になった場合、「10円の損失が発生した」ということです。

これらの基本的な為替取引に「レバレッジ」と「スワップ」という特徴が加わったものがFXとなります。FXは、為替レートが上がっても(円安)下がっても(円高)利益を得られる仕組みとなっています。

現在のレートから、「上がる」と思ったら「買い」、 「下がる」と思ったら「売り」 をする。

この取引を予想に基づいてすることで、円安になろうと円高になろうと利益を得ることができるのです。

FXでよく使われる用語「レバレッジ」「スプレッド」「スワップ」「ロスカット」

FX取引を行っていく上で、必ず理解しておきたい用語「レバレッジ」、「スワップ」、「ロスカット」について詳しく解説をしていきます。

少ない資金で大きな取引ができる「レバレッジ」

FXでは、あらかじめ取引会社に自分のお金を証拠金として預け入れることで、証拠金の数倍~数百倍の金額で取引できるようになります。これを「レバレッジ(てこの原理)」といいます。

これは、少ない資金でも大きな取引ができるようになることを表していて、通常は、レバレッジ○○倍といった言い方をします。レバレッジをかけた場合、当然利益も損失も大きくなります。初心者はレバレッジ2〜3倍がおすすめです。

では、なぜレバレッジような取引が可能なのでしょうか。

それはFXの決済方法に理由があります。FXでは、通常の商品を売買する時のように、その都度金銭の受け渡しを行うことはありません。取引で生まれた差額分だけを決済する差金決済という方法なので、少額での取引が可能になります。

たとえば、為替レートが【1ドル=100円】の時に1万ドル(100万円分)を買ったとします。しかしこの際に100万円を渡すわけではありません。

その後、為替レートが【1ドル=110円】になり、1万ドルを売り決済すると、110万円になります。この時も110万円を受け取るわけではなく、差額である10万円分だけを受け取ることになります。この差金決済の方法がレバレッジを可能にしているのです。

買う場合と売る場合の値段の差「スプレッド」

テレビのニュースでよく流れる「現在の外国為替相場は1ドル110.00〜110.01円で取引されています」というセリフ、あなたも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。FXをやる人にとって、この数字はとても大事なものになります。

この場合、1ドルを買う場合は110円1銭で、1ドルを売る場合は110円ちょうどであることを意味します。 また、買う場合の値段と、売る場合の値段の差を「スプレッド」といいます。

110円1銭で買えて110円で売れるので、この場合のスプレッドは1銭、つまり0.01円ということになります。

二つの通貨の金利差「スワップ」

通貨にはそれぞれ国の定めた金利があります。日本であればマイナス金利政策がとられているためマイナス0.1%、アメリカであれば1.0%などです。(2017年5月31日現在)

この二つの通貨の金利差のことを「スワップ」といいます。

たとえば米ドルと日本円との金利差は1.1%です。100万円で1万ドルを買ったポジションを1年間維持すると、11,000円の金利差を受け取れる、ということになります。

損失の拡大を防ぐために強制的に決済する制度「ロスカット」

FXを始めるにあたって知っておくべき単語の一つに「ロスカット」という言葉があります。

ロスカットとは、通貨を購入して保存している状態(これをポジションと呼ぶ)の損益が一定レベルに達した時に、さらなる損失の拡大を防ぐためにそのポジションを強制的に決済する制度のことです。

このロスカットという仕組みにより、損失が確定するものの、拡大が防がれ最低限の資金が残されるようになります。

FXの取引方法を詳しく分類しよう!

FXの取引方法は大きくわけて「店頭FX」「取引所FX」という2つにわけることができます。さらに、店頭FXは「裁量トレード」と「システムトレード」という取引方法にわけることができます。

これらの取引方法を一つ一つ解説していきます。自分にあった取引形態を見つけてみてくださいね!

投資家とFX取引業者が直接取引をする「店頭FX」

店頭FX取引は、取引所を介さずFX業者と投資家が直接取引をすることです。取引手数料や取引可能な通貨ペア数などはFX業者によって異なります。投資家の注文に対し、FX業者が仲介をした上で取引所で実際の取引を行う取引所FXに比べ、手数料が安く、口座数も多いのが特徴です。

またレバレッジ制度の自由度が高く専用ツールも豊富にあるため、投資家は自分の好きな業者、取引手法を実現する事が可能となります。その一方で、大震災やリーマンショックなどの大災害が起こった際は、注文を出しても約定しないなどの危険性もあります。

【店頭FX】売り買いの判断を自身で行う「裁量トレード」

裁量トレードは、売り買いの判断を自身で行うトレード手法で、多くのFX投資家が行っている一般的な取引手法です。自分の知識と経験をもとにストラテジと呼ばれるトレード戦略を組み立てます。自分が取引したい時に、取引したい数量で、取引したい方法で取引ができるのが最大のメリットです。

また、相場に異変がおこったり、過去にないような相場変動が起こったときに、すぐさま対応ができることができるのも、裁量トレードの魅力です。

しかし、まめにFX相場を監視する必要があったり、手動でFX取引を行うのでどうしても感情によったトレードを行ってしまったりするリスクもあります。

【店頭FX】売買プログラムが24時間自動で機械的に売買してくれる「システムトレード」

過去データを使い繰り返し分析・検証を行い、その結果に基づいて構築した売買ルールに従って機械的かつ継続的に取引を行ってくれる仕組みを「システムトレード」といいます。

これは、過去のデータに基づいたルールに従って取引を行う方法なので、投機的な投資をしてタイミングを誤ることを防いだり、自分の決めたルールが正しいか確認したりできるというメリットがあります。

しかし、優れたシステム選びをするのが難しいことや、過去に例がないような大きな相場変動が起こるととたんに機能しなくなることなど、デメリットも存在します。

システムトレードは、さらに「MT4」「ミラートレーダー」「独自系シストレ(リピート系注文)」の3種類にわけることができます。

【MT4】
MT4はカスタマイズの拡張性が高く、自動売買ができるシストレ機能を備える高機能チャートソフトです。国内外問わずチャート分析の標準ソフトとして用いられており、世界100ヶ国で4,000万を超えるユーザーが利用しています。

【ミラートレーダー】
ミラートレーダーは「かんたん」「シンプル」「選ぶだけ」を特徴とした、FX初心者でも始めやすい、という点に考慮して開発された自動売買専用の取引システムです。

【独自系シストレ(リピート系注文)】
「複数の発注を一度に行い、何度も繰り返す」というリピート機能をもった自動注文機能を持つ取引システム。売買における複数注文の手間を減らしつつ、継続的な利益に期待ができるため、多くの層から支持を集めています。

投資家の注文を取引所に集めて、売買を成立させる「取引所FX」

取引所FXでは、投資家の売り注文と買い注文を取引所に集めて、売買を成立させます。レートは、マーケットメーカーと呼ばれる大手金融機関(ゴールドマンサックスや野村証券、三菱東京UFJ銀行など)が提示したものの中から、投資家にとって最も有利と思われるレートを取引所が選び、それを投資家に提示します。

現在日本には、東京金融取引所が提供している「くりっく365」や大阪証券取引所が提供している「大証FX」という二つの取引所FXがあります。それぞれでは、FX取引会社が仲介をしますが実際の取引は取引所で行われます。取引通貨数やトレード環境は、取引所のものを利用するため共通です。ただし、手数料は取引業者により異なります。

取引所を経由するため信頼性が高い上、複数のマーケットメーカーがレートを提示している方が競争原理が働くため、投資家にとっては有利なレートで取引をできる可能性があります。

FXと似てるけど違う!?最近キテる「バイナリーオプション」ってなに?

FXとは異なりますが、レートを上昇するか下落するかの二択で予想して取引を行う「バイナリーオプション」についても紹介します。

たとえば、現在の為替レートが【1ドル=100円】だとします。
10分後(この時間は取引による)にドルの値段が【1ドル=100円】よりも高くなると予想した場合は「High」、低くなると予想した場合は「Low」を選択します。

もし取引者が1万円分のバイナリーオプションを購入していた場合、予想が当たれば1万円の原資で1万円の利益を得ることに成功した、というわけです。

バイナリーオプションは参入のしやすさがウリですが、国内・海外にたくさんの業者が存在するので、信頼のおける業者を調べなければなりません。

バイナリーオプション業者の賢い選び方について、記事にまとめました。ぜひ見てみてください!

準備が整ったら、始めてみよう!

理論を学んだら、あとはもう始めるだけ。

自分の投資資金・取引スタイルにあったFX業者を見つけて、あなたもトレーダーの仲間入りをしましょう!

34社のFX業者の58サービスを一覧にしてまとめました。「売買手数料」「スプレッド」「口座数」の項目別でソートして比較ができるようになっています。気になる項目でソートして、あなたにあったサービスを見つけてください!

関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
FX 初心者 トップへ