今回は2013年に作られた国産仮想通貨・モナコインの取引所を紹介していきます。

モナコインを扱っている取引所比較

・BitTrade (関東財務局長第00007号)
・bitbank (関東財務局長第00004号)
・bitFlyer (関東財務局長第00003号)
・Zaif (近畿財務局長第00002号)
・フィスコ仮想通貨取引所 (近畿財務局長第00001号)

取引所手数料通貨数
BitTrade取引所
メイカー 0.2~0.3%
テイカー 0.2~0.7%
(通貨による)
6
ZaifBTC/JPYのみ
メイカー -0.05%
テイカー -0.01%
その他
メイカー 0%
テイカー 0.1%
3
bitFlyer販売所 無料
取引所 0.01~0.15%(金額による)
LightningFX 無料
6
bitbank取引所 無料
(1月9日10:00まで)
6
フィスコ仮想通貨取引所取引所・販売所
無料
4

BitTrade

特徴・・・サイト上にあるチャート分析ツールが使いやすく、パソコンやスマートフォンはもちろんアプリからもチャート分析がかんたんにできることが特徴です。

Zaif

取引手数料がマイナスなのが一番の魅力です。

bitFlyer

特徴・・・なんといっても日本最大の取引所であることに強みがあります。日本の取引量の8割を取り扱っていて、流動性高く取引出来る点が強みです。また提携企業の多さや、資本金の額も他の取引所に比べて多くなっています。

bitbank

特徴
bitbankはセキュリティ専門企業の BitGo と提携することで、インターネットに常時接続されているホットウォレットの安全性も確保しています。そのため安全を求める方には良いかと思います。

FISCO

特徴
ジャスダック上場企業である株式会社フィスコが運営する販売所/取引所です。独自のトークン「フィスココイン」を取り扱っており、このコインはZaifでも取り扱われています。

モナコインとは?


関連トピック
MoneyToday編集部

MoneyToday編集部の公式アカウントです。

人気の記事

最近人気の記事ランキング

人気ランキング

おすすめの記事

MoneyToday 編集部おすすめの記事

殿堂入り記事

過去に人気を集めた記事をピックアップ

殿堂入り記事

新着記事

最新の記事一覧

新着記事

特集

MoneyTodayおすすめの特集

特集一覧

トピック一覧

トピックから記事をさがす

トピック一覧
モナコイン,取引所, 仮想通貨, 仮想通貨情報, monacoin, bittrade トップへ